2021年度入学生紹介文

2021年度入学生紹介文(現1回生) 文章:2019年度入学生

桑畑 

クワバタ ワタル

工学部
電気電子工学科

洛南高校(京都)

右シェーク「アンパンマン!新しい顔だよ!」型

LINEの名前はばたこ。なぜばたこなのか尋ねてみたところ、以前そう呼ばれていたかららしい。

普通だった。

今年唯一の初心者の桑畑であるが、すでに練習にとても熱心に通っており、めきめきと実力をつけている。

この前、久しぶりに見たときには、周りに溶け込んであまりにも普通に練習していたため、

「あれ、桑畑が初心者初めの子じゃなかったっけ?」

となるほど、球威あるボールを放っており、びっくりした。

同回のM田に桑畑について訪ねたところ、「とりあえず存在が尊い」「おめめくりくり」などといったよく分からない回

答が返ってきた。そんな桑畑だが、M田がハーゲンダッツを奢るという賭けをその場にいた全員を相手にしようとした

際、「俺2つ」と1人だけ2つねだってくるというがめつさも持ち合わせているらしい。

LINEグループに入ってきた際、「なんやこの名前、やべぇやつか」と思ったが、今のところはがめつさを除けば良い

子説濃厚である。

小槙 亜弥

コマキ アヤ

文学部
人文学科

大安寺高校(岡山)

右シェーク 「親しき仲にも毒舌あり」型 

筆者の第一印象はとても礼儀正しく、お淑やかな子であり、両ハンドを使った綺麗な卓球をする小槙さん。

ただ、そんな彼女も個性の強い岡山県民の一員である。

(岡山県民の方本当にごめんなさい)

実際、とある極秘ルートから得た情報によると、実はめっちゃ面白い人らしい。その一部を書いていくと、

・岡山弁や方向音痴をいじるとキレる
・車校の技能の教官を無視する
・プロ野球選手は動きにキレがないから、高校野球しか見たくない

と、親しい相手にはかなり毒舌になるらしいが、根は優しい子である。たぶん。

何がともあれ、彼女が存分に個性を発揮して、今後の神大卓球部を引っ張っていく姿に期待したい!!!

順教寺 創太

ジュンキョウジ ソウタ

経済学部
経済学科

金沢泉丘高校(石川)

右シェーク「Youtuber」型

 石川からの刺客、順教寺。まずその見た目なのだが、とても卓球選手とは思えないほど強靱な肉体をしており、おそら

くここ数年の神大卓球部の中でもトップクラスである。

その貫禄は大会で他校の選手とぶつかってしまった際、ぶつかった相手が思わず二度見するほどである。

しかし、その体格を活かして、服を鼻まで引っ張ってマスクなしでの入店を行うとしたが、残念ながら断られた

そして、順教寺のもう1つの特徴としてyoutuberとしての活動があげられる。

彼はyoutubeチャンネル「JANチャンネル」の一員であり、最も再生回数の多いものはなんと280万回を超えている。ま

た、動画内で彼は雨の中のグラウンドでダッシュするなどかなり体を張った投稿をしている。

ただし、投稿している動画は先ほどの人気動画のように品のないものもあり、あまり人には勧めづらい。

高瀬 悠斗

タカセ ユウト

工学部
市民工学科

西宮東高校(兵庫)

左シェーク「クール可愛い、でもちょっと先輩なめてるよね(Next M井枠)」型

1年生ながら、秋リーグベンチ入りを果たした神大卓球部期待の新人「高瀬悠斗」!

澄ました顔綺麗な両ハンドで初の部内戦を鮮やかに勝ち進んでいく姿に圧倒された先輩も多かったであろう。

そんなクールなプレースタイルとは裏腹に、新歓係としては可愛さ&優しさ全開で頑張ってくれている。M井が可愛い

言っていた高瀬の部活紹介動画は確かに可愛い

個人的には、ほぼ初対面にも関わらず、S田・M井・M田の意味不明な会話にひくことなく、ついてきた潜在能力に期待

している。

一刻も早く、潜在能力を爆発させ、卓球部に活気をもたらしてくれ!!!

谷 知恵

タニ トモエ

国際人間科学部
子ども教育学科

桃山高校(京都)

右シェークカット「今はとても謙虚」型

ギリギリ通える距離、京都から電車に2時間揺られながらやってくる谷知恵。

学年に1人の貴重なカットマンで、チキってると容赦なくばしばし打ってくる筆者期待の星である。

初めて練習に来た際には、ミスったときだけでなく、相手がミスったときにも謝り、先輩に逆に気を使わしていたという

ほどの謙虚さで、同回M田との対比でとても礼儀正しい子に見える

参加連絡を忘れて部活に参加できないことがしょっちゅうあるらしいが、当たり前のように「明日参加します」(断定)

と連絡を入れてくる同回のT瀬のように遅れてでも連絡すれば良いのにと筆者は思うのであった。

まだ彼女の毒舌やげすい部分を見つけられていないが、これから探っていこうと思う。

 宏紀

ハヤシ ヒロキ

工学部
応用化学科

嵯峨野高校(京都)

右シェーク「人生達観」型

今年も新しいがやってきた。

京都からはるばる2時間かけて小体育館にやってくる彼の名前は林宏紀。

同じ「林」の意志を継ぐ者として、筆者は彼の動向を注視していたのだが、どうやら彼は筆者とは違い、非常に大人びた

性格をしているらしい。

練習後の帰り道のことである。

筆者が先輩風を吹かそうと思い、何か練習中にキツいと思った事はないかと、林宏の相談に乗ろうとした際、

「今はまだ練習に行くたびに課題を見つけることができるので、キツいと思うことはないです

ね。今は結果を追い求めるというよりかは、見つけた課題を1つ1つこなしていくだけです。」

と言われ、本当に1回生かと思いました。(良い意味で)

筆者との兄弟説も流れた彼だが(主にS田T田から)、筆者の存在が霞むほどに今後の卓球部を引っ張っていってくれ!!!

林原 瑞生

ハヤシバラ ミズキ

工学部
情報知能工学科

舟入高校(広島)

右シェーク「自炊できます」型

鋭いフォアハンドを武器に成長中の「林原瑞生」!

同じ広島県出身の1回生M田とは多方面において合っておらず、見ている側としては面白い。「非常に落ち着いている

原と常に騒がしいM田」、「夜行バスで帰る林原と新幹線で帰省する派のM田」、「野球興味なし林原とカープ大ファン

M田」とそのエピソードにはキリがない。

そんな堅実・クール・大人という言葉が似合う彼だが、卓球においては豪快でフォアハンドの威力が強烈なプレースタイ

ルを貫いている。

なお、筆者の第一印象は、「精神年齢高そう」だったが、その印象は今も変わっていない。

とりあえず精神年齢分けてください。

Y田に次ぐ、自炊する系男子で、惣菜・パン・カップラーメンで乗り切っていた同期を知っている身としては尊敬の念

絶えない。

これからも私生活・卓球ともにスキルアップして、頑張ってくれ!!!

前田 来春

マエダ コハル

文学部
人文学科

廿日市高校(広島)

右シェーク「バック裏煽り」型

広島県出身であり、出身高校は4回生N田さんと同じ廿日市高校である。

しかし、3つ歳が離れているため面識はない。

そんな彼女だが、何をしゃべっても煽っているようにしか聞こえないと言われている。

LINEでは特に面白くなくてもをつける、その笑は4つがスタンダード多いときは8つつけるらしい。

また、2回生K井と前田が同時に話し始め、お互い譲り合った後、

K井「しょうもない話なんで」

前田「いや私もしょうもない話なんで先にどうぞ」

と一悶着あった後、K井がいざしゃべると

前田、Tにの方を向いて

「ほんとにしょうもない笑笑笑笑」

といったらしい。わざわざTにの方を向くあたり、相当煽り度の高いエピソードである。

K井の二の舞にならないように、前田と話す時はしっかり面白い話を容易しておこう。

山本 倫幸

ヤマモト トモユキ

海洋政策科学部

郡山高校(奈良県)

右シェーク「神戸市バス近鉄電車」型

郡山からは2年に1人スパンなのでしょうか。Nかさん、M田を経て2年ぶりにやってきました「山本倫幸」!

異質ラバーで部員を翻弄するプレースタイルは高校の時から変わっていないだろう、たぶん。と思っていたら、裏裏に変

えたみたいです。大学から心機一転、新たなプレースタイルを見出してくれ!

オンライン授業にもかかわらず、部活のために奈良県からはるばる練習に訪れている山本を筆者は尊敬してやまない。

だが、K池からは「近鉄線は遠くないです」と言われてしまう悲しい出来事もあった。

・・・遠いよね、奈良県。

なお、筆者は彼が内に秘めている能力を多方面で発揮する日を楽しみにしている。

これからは緊張せず、気負いせず、自分らしくはじけてくれ!!!